物件の下見のポイント

素敵なお部屋を見つけたら、実際に下見をしてみましょう。 下見では、インターネットやパンフレットの写真ではわからないお部屋の様子がわかるものです。 実際に下見を行う時にどこに着目すればよいのか、ポイントをピックアップしてご紹介します。

物件の下見のポイント

下見の前に用意しておきたいもの

下見の際にあると便利なアイテムをピックアップ。お店に下見を申し込みに行くときに、揃えておきましょう。

  • 筆記用具
  • メモ帳(不動産屋さんのスタッフから聞いたことをメモしておきましょう)
  • メジャー(間口の大きさや収納スペースを測るのに便利です)
  • デジカメ(お部屋に不審な点がある場合は、写真を撮っておきましょう)

下見の時はここを見よう

日当たり

お部屋の居住性を左右する日当たり。 南側や東側が一般的には良いとされています。下見のポイントとしては、必ず日の高い明るいうちに下見をすること。夕方や夜になってからだと、照明器具が付いているため実際の日当たりがわかりません。 また、せっかくの南向きのお部屋でも目の前に背の高いビルがあったりすると、日陰になってしまい一日中お部屋が暗いままなんてことになりかねません。必ずベランダに出て、十分な日当たりがあるか確かめましょう。

防音性能

学生マンションなどの賃貸物件で、トラブルになりやすいのが隣や上下の部屋からの騒音。 下見の際には、隣や上下の部屋から音が響いてこないかチェック。隣の部屋が空いているようなら、一緒に見学させてもらい、隣の部屋からどのくらいの音が聞こえてくるのか実際に携帯を鳴らすなどして試すのも◎。

部屋の中は汚れていないか

フローリングやカーペットに傷、汚れがないか、壁紙がはがれていないかなどをしっかり確認しましょう。 もし目立つ傷などがあれば入居までに直してもらえるか相談してみましょう。 また、壁紙などに傷がある場合は結露によって壁紙が浮かび上がっているという可能性も。こうしたお部屋は、通気や断熱がうまくいっていない場合が多いため、避けておいたほうが賢明です

お部屋の中にカビは生えていないか

お風呂やトイレ、押入れやクローゼットなど、湿気のこもりやすい場所は特に入念にチェック。 毎日お風呂に入ったり、大事な服や布団をしまっておくのですから、不安のないように隅々まで見ておきましょう。 また、新築の場合、コンクリートが乾いていないなどの原因で湿気がこもりやすくなっていることもあるので、新築だからと言って油断せずに、確認をしましょう。

天井にシミはないか

天井にシミがある場合は、雨漏りの可能性があります。 シミを見つけたら、スタッフに相談して原因を特定しましょう。

ドアや窓はしっかりと開け閉めできるか

ドアや窓のサッシがしっかりと取り付けられているかをチェック。 しっかり締まらなかったりすると、雨風が入り込んだり指を挟んだりと思わぬトラブルにつながることもあるのでしっかりチェックしましょう。

コンセントプラグは十分あるか

お部屋の中のコンセントのタップをチェックしましょう。 お部屋の中に一つしかタップがないという場合やキッチン、トイレにタップがないということになると以外と不便なもの。部屋の中に家具を置くイメージをしながら、コンセントの位置と数を確かめましょう。

収納は十分か

意外と忘れがちな収納。 押し入れやクローゼットの有無や大きさでお部屋の使い勝手は大きく変わっています。 すっきりと片付いたお部屋を目指すなら、大きめの収納のある物件を探してみましょう。

防犯面で安心できるか

まずは、オートロックがあるか、エントランスや裏口・駐輪場などに防犯カメラがあるかなどを確認。 部屋の中に入ったら、ベランダなどに人が隠れられるスペースなどがないかチェック。 また、隣の建物のベランダや屋根との間隔が狭い場合は、屋根・ベランダ伝いに部屋に侵入されることもあるので注意しながら確認しましょう。また、1階や2階のお部屋の場合は、ベランダなどに目隠しがあるかどうかも確認しておくこと。

pagetop
  • トップへ戻る
  • 学生マンションって?
  • 学生マンションのメリット
  • 学生マンションではこんな設備が使えちゃう
  • 理想の学生マンションはこうやって見つけよう
  • 物件の下見のポイント